忍者ブログ
それについて書くことがあれば努力クラブについて書くブログです。 しかし、書くことがなければ気分によってのそれなりの記事を書くことになると思います。 よろしくお願いします。
[142] [140] [139] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





①めっっちゃ 嫌な夢を見た。
高校の頃に好きだった女の子(に似た子)が出てきたんやけど、その子はもーみんなのことが好きな女の子やったから僕はそれがすごく嫌やった。みんなのことが好きな子やったし、それ故になのか、みんなもその子が好きやったので僕はすげえ嫌やった。夢の中でも相変わらず、女の子はもれなくひとが好きで、ひとのことを肯定しつづけていた。肯定すること大切やけど、それが全肯定に限りなく近いモノやからタチが悪いと思った。嫌だと思った。僕は少なくとも嫌だ。そーゆーひとは好きになったら終わりやなあと思ってしまった。わがままやけどお互いに特別と思い合えないとキツい。うっわ、なに書いてるんやろぉ。きっも。ゲロ吐きそう。あっ、ちょっとホンマに小さいの出そう。




②自分がブスでも、相手がブスでも、リターンがあるなら逢って語り逢えばいいと思う、みたいな考え方について。「ブスでいいやぁ。」と思うこと(自分相手もしくは両方を)について。もしか不細工同士両想いで逢うとしたらある意味リスキーだ。だが生産性はあると思う。なんでかって、リスキーであるが故に燃えるのだ。なにしろ起ってくる愛情に「ともあれ味を見つけていこうよ」という「努力」がプラスされる。「味」というのは「見てくれの悪さ」という大山を乗り越えなければ発見出来ない。その「努力」の果てに「励まし合い」が待っている。なんか「お互い頑張っていこうよ!」「不細工遺伝子にカツ入れようよ!」みたいな。
「ブスでいいやぁ。ねぇいいよねぇ」「うんうん、いぃやぁいぃやぁ」「あ、こりゃこりゃ」「あ、よぃよい」非常に生産的、建設的だ。踊れ、踊り続けよ。同じブスなら踊りゃにゃ損々。

(無農薬亭小山)
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[10/02 そねみ]
[09/22 つ]
[09/16 サクドウ]
最新TB
プロフィール
HN:
努力クラブ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]