忍者ブログ
それについて書くことがあれば努力クラブについて書くブログです。 しかし、書くことがなければ気分によってのそれなりの記事を書くことになると思います。 よろしくお願いします。
[140] [139] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



3月、経済的に生きていくのが厳しく、仕方がなく夜勤のアルバイトを週4日でやっていて、予想外にしんどすぎて喘いでいます。この職場で働いている他の人々は、毎週6日間ここで働いて、家族を養ったり遊んだりしてる。僕は週4日の勤務で、毎日暗くなってから起きて絶望して飯食って22時の職場に向かっている。ああ、辛い。太陽の光を浴びたい。それでも今日はバイトが休みだったので、なんとか昼に起きて太陽の光を浴びて生き返る心地がして、ヨーロッパ企画の諏訪さんのミュージカルの当日券狙いで立誠小学校に行ったけど間に合わず、でもまあ仕方ないと開き直ることもできて、カフェテリアに来てみている。これから髪でも切ってやろうか、そんでもう1週間だけ、週4の勤務をやり切ろうと前向きになることができもした。春、太陽の光が暖かくてよかったなあ。

そんな感じでブーブー疲れ切っている日々ですが、1週間くらい前に買った中上健次という人の枯木灘という小説が猛烈におもしろく、それを読んでいる時間だけが生きているなあという心地がする。中学生のときは小説だけが友だちだと思ってたし、高校生のときは音楽を聴いているときだけが息ができている気がするなあと思っていたことを思い出した。最近は本とも音楽ともそういう関わり方ができないなー、寂しいけど、今はそんなに依存してないってことで、それはそれでいいかと思ってたけど、この1週間は久しぶりに小説が酸素になっている。それだけ週4日のバイトがしんどかったんだろうか。どんだけ脆弱やねんなあ。剣道を12年続けた最後に、顧問の先生が「これだけしんどい稽古を毎日続けたんだから、これからの人生どんなしんどいことがあってもお前たちなら耐えられる」と言っていたのをずっと憶えてて、わりとその言葉を真に受けて生きてきたのだけど、そんなこともなかった。ぜんぜん耐えらんないよー。まあ、剣道も信念を持って続けたわけじゃなかったしな。先輩とか先生に怯えて辞めたい辞めたいと思いながら続けたことだしな。それじゃあな。枯木灘も半分以上読んでしまった。読み終わりたくないよおー。寂しいよおー。

努力クラブは4月4日にザゴーズさんのイベントに出さしてもらって、それが終わったら6月の本公演に向けての稽古が始まります。新年度からも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[10/02 そねみ]
[09/22 つ]
[09/16 サクドウ]
最新TB
プロフィール
HN:
努力クラブ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]