忍者ブログ
それについて書くことがあれば努力クラブについて書くブログです。 しかし、書くことがなければ気分によってのそれなりの記事を書くことになると思います。 よろしくお願いします。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



佐々木君が役者紹介しているので、途中に自分の記事を差し挟みこむのは気が退けるのだけれど、書かねばなるまい。

ぼやぼやしているうちに魔王城の本番週になってしまっていた。稽古がはじまったのが4月からだから、ほとんど丸2ヶ月。途中、ヨーロッパ企画さんのハイタウンに参加させていただき中断したりもしたけれど、台本がなかなか書けなくなって稽古のためにと集まってもだらだら話すだけという日が何回もあったけれど、充実した時間だったと思う。
最初の頃から、この作品は面白くなるだろうなあと思っていたけれど、昨日の稽古でいよいよ面白さの実を掴めた。自信が出てきた。これは面白いぞと言ってまわれるところまで来た。

本当に観に来て欲しい。

「高台から魔王城がある街を眺め、眺めながらしている会話の様を見る」っていうなんだか変な芝居。そのためにみんなで山を登り、京都を一望できるところから街を見下ろした。
その景色は清々しい景色だったのだけれど、眺めているうちに街には隙間がないことに気が付く。生活がぎっしり建ち並んでいて、どこにも余裕がなかった。
僕自身も、あまり精神が強い方ではないということも手伝って、すぐに余裕をなくしてしまう。そんな人は僕以外にもいるんじゃないかと思う。

普段ならば登場人物にならないような人物たちばかりを登場人物にした。登場人物たちは名前のない人物ばかりである。
中央では何か面白そうな事件が起きている。中央におれば楽しいことはわかっている。でも中央にいることが億劫だったり、弾かれてしまったりで、中央のまわりから中央を覗き込んでいる。そういう人たちにももちろん物語があって、でもなかなかそういう人たちの物語を誰も扱わない。そういう人たちの物語を描きたいと思った。
それから、見ていただいた方の心になんとなくゆとりを生み出せるような、そういう舞台が、今、必要だと思った。少なくとも僕が今観たい舞台はそういう舞台だ。

例の如く、チケットが売れていない。
下手な文章を書いているのはこのためだ。どうやったらチケットを予約してもらえるのだろう。
ツイッターで「本当に努力クラブという劇団は人気がないなあ」とつぶやきたいけれど、もうあんまり下品なことをするのはやめようって団ミーティングで決まったから、そんなことつぶやけないわ。でも個人的には言いたいのよ、人気がないって。人気がないなあって言っている自分が好き。まあ、そんなことはどうでもいいのだけれど。人気が努力クラブはないって思われるより、努力クラブは人気があるって思われた方が絶対良いに決まっているし。
いや、チケット、売れておらんという現実があって。

まあいいや。
本当に観に来て欲しいのです。どうやら良いお芝居ができそうです。窮屈な生活に風穴をあけられるようなそんなお芝居。最近あんまりうまいこといってないなあって、そんな感情に心当たりがある方は是非観に来て欲しいです。
不人気者でも一生懸命やっておりやすです。下品かしら。

合田
PR


パソコンでインターネットができなくなって、携帯で更新しようと思ってもガラパゴス携帯では対応しておらず、まさに陸の孤島、いや、えっと、あの、ネット上のことなんで、どういう風にいえばいいのかわからないのだけれど、陸の孤島のような状態、まるで。

ヨーロッパ企画さんにお世話になりきったハイタウンが終了し(本当に楽しかったです)、そしてハイタウンでは石田戯曲賞という名誉までいただき、本当に嬉しく、嬉しさはas soon as(するやいなや)重圧に変わってしまいましたが、その重圧を越えていく喜びもあり、ただの最高の思い出として心のアルバムにしまわれております(なんやねん、このつまらん表現は)。

ハイタウンにかまけておろそかになっていた魔王城も、いつの間にか三週間後に迫ってきていて、いよいよ切羽詰まってきている。ここまでこだわって書いている台本も、僕自身において前例がなく、日頃「台本を書けないわ」と言っている脚本家さんに対して「なんでなんですか。全然書けるじゃないですか。理解不能ですわ」とひどい顔面で言っていたのだけれど、ここにいたってそのメカニズムを理解するにいたる。
なるほど、より面白くするためにいろいろ追求しているのですね。
今回、その蟻地獄にはまりこんでいるけれど、その蟻地獄にはまりこんでいる人の作品には外れなく(例えば井上ひさしとか)、だからもう大丈夫だろうなあと思っているんですが、どうでしょう。

魔王城は魔王が住む城で、魔王の暮らしぶりを噂で作っていくっていう話になりそうです。

役者の方々には、僕が余裕なくしたりしていろいろと迷惑をかけたりしていますが、必ずや面白くなるので、頑張ってくださいネ!!
それから、必ずや面白くなるのでこぞって観に来てくださいネ!!

いよいよ金曜日からやわ。ほんまマジで、えらいこっちゃで、マジで。いやいや、ほんま、マジで。頑張らなくっちゃ。マジで、ほんま。いよいよ金曜日からやで。深い緑がねじれる。深い緑がねじれる。ねるねるねーるね。深い緑がねるねるね。深いは不快と変換してもええやろうか、マジで。えらいこっちゃで。マジで。深い緑がねじれる。いよいよ金曜日からやわ。今回アホみたいにプレッシャーをかけていて、いや凄いのを作りまっせー、昼ごはんでっせーの言い方で、スッゴイのを作りまっせーって言ってまわっていて、何もこんなに重圧(プレッシャー)をかけなくてもいいのにって、そんなにハードルを設けて越えることができるのかって、自分自身草場の陰で心配になっていたわけですけれども、けれどもー、しかし言ってしまった手前、越えなくてはどうしようもなく、顔面に死相を浮かべながら、なんと顔面に死相でっせ、まあ、頑張っていたわけでございますけれども、ございますけれどもー。あれやんか、今日から小屋入り、俗に言うところのアトリエ劇研で今日から設営なのでございますけれども、だからつまり要は稽古場で稽古ができたのは昨日までのことで、昨日が稽古場での最後の稽古だった。その稽古も稽古とは名ばかりで遊んでしまってしまって(シマッタ!!)しまったなあと思っている。この文章を読んだ皆さんの中には、えらい努力クラブ余裕やな、稽古場での最後の稽古で遊べるくらい余裕なんやったらめっちゃ期待できるやんほんまめっちゃ期待できるやんか、と思う人もいるかもしれないが、そんなことは言えない事実がございましたのでございますのでございます。稽古場での最後の稽古の前の稽古、最終通し稽古をやったのやけれど、最初から最後まで止めずにやるやつね、おもしろ~いと思ったりもしたのやけど、物足りないと思ったところもあったりして。導入がうまいこといってなかったり、ふとしたところで集中が途切れたりしてしまったりしてしまったりしたのであったりもした。そういう不安材料があるにも関わらず、昨日は遊んでしまってしまったので、ここ一カ月ずっと死相が浮かんでいた顔面には尚濃い死相が浮かんでしまっているのである、今現在。でもね(なにがでもねじゃ)、こういうことをわざわざブログで、誰にでも見える形で綴っているというのは、直してめっちゃええ形に出来るという自信があるというわけで、つまり自信があるからこうやってブログというあれにしているのである。イヤッホー、死相浮かべながらのイヤッホー。ええ感じやんになった深い緑がねじれる、僕自身が一番楽しみで、マジやで、稽古がはじまった段階から、このお芝居は面白くなるやろうなあっていう予感があり続けるのやから、完成形が見えたとき、我が顔面に浮かんだ濃い濃い深い深い死相も綺麗に晴れてしまって、その面白さにおまけすらついてくるのじゃないかと思っている。どういったおまけかと言えば、なんかよくわからへんけど、ビジュアルがナイスガイになるんじゃないの、わからへんけど。舘ひろし。舘ひろしは成程ナイスガイでありますね。いや、でも、本当に深い緑がねじれるは自分たちの代表作に成り得る、努力クラブが次のフィールドに進んだねと言われるきっかけと成り得る作品になるだろうと思っています。優しさも悪意も快も不快も全部全部全部巻き込んで、それ自体は複雑だけどでもシンプルに面白さだけが生成されている舞台になるんじゃないかと思っています。手前味噌ですが。もしお時間など御座いますようでしたらお越しいただいてご覧いただければ、我々としましてはこんなにも嬉しいことはございませんと謙虚になりながらも思うわけでございます。本当によろしくお願いします。仕込みならびに、会場でできる稽古を、とにかく出来得る限りのことやるゾ!! 頑張るゾ!!



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[10/02 そねみ]
[09/22 つ]
[09/16 サクドウ]
最新TB
プロフィール
HN:
努力クラブ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]