忍者ブログ
それについて書くことがあれば努力クラブについて書くブログです。 しかし、書くことがなければ気分によってのそれなりの記事を書くことになると思います。 よろしくお願いします。
[54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



去年、劇作家協会新人戯曲賞の一次選考を通過させてもらって嬉しかったので、今年も出そうと思っている。
ただ生来の怠惰が身にまつわりついているので、準備をしなくては、準備をしなくては、と思っているうちに、もう7月の半ばを過ぎてしまった。
あの感動を忘れたか。
戯曲賞に出すことを薦めてくれた下鴨車窓の田辺さんが、「一次選考を通過してましたよ」と教えてくれた瞬間の、
ほんまかいな、と思いながらおそるおそるホームページを見て名前があった瞬間の、
あの感動を忘れてしまったのか。
いや忘れまい。忘れることなどできまい。
評価されているのかされていないのか、そういうことに対してあまりに鈍感な僕にとって、ああいう風に自分の名前が載っていたことがどれだけ嬉しかったことか。
しかしながら、である。
しかしながら、やはり面倒くさいのは面倒くさいのでありまして、こういうときは誰かを誘ってお互い励ましあいながら、出し抜かれないようにやっていくのが、まあ間違いないのだろうと思う。
だから、西さん(ボンク☆ランドの王様)に「一緒に出しましょうよ」と連れションならぬ、連れ、えっと、なんといえばよいか、連れ、えーっと、連れ、連れ。
ボンク☆ランドのフォー・ザ・サンを見たとき、演劇を見てこんなに涙を流したのは初めて、というくらい泣いてしまったのであるので、どうにかこうにか、偉そうな言い回しになりますが、西さんに陽の目が浴びればいいなあ、少しでもそのチャンスがあればいいなあ、と思って、お誘いしたのであります。
身近な人で、誰が応募をするかわかりませんが、西さんには負けないぞー、お互い頑張りましょー、という気持ちなのです。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[10/02 そねみ]
[09/22 つ]
[09/16 サクドウ]
最新TB
プロフィール
HN:
努力クラブ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]