忍者ブログ
それについて書くことがあれば努力クラブについて書くブログです。 しかし、書くことがなければ気分によってのそれなりの記事を書くことになると思います。 よろしくお願いします。
[133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こないだの努力クラブの会議で、バイト辞めたいねえという話をした。バイトを辞めても、他の人がどうかは分からないけど、僕は就職しても1年も持たない絶対の自信があるから、辞めるわけにいかない。でも、この絶対の自信って何だろう。なかなか説明できないけど、とにかく絶対に続かないという自信だけは漲っています。僕は週3の勤務でひと月なんとか食っていける今のバイトが続けられるラインギリギリで、それでも最近はしんどいなあ飽きたなあつまらんなあ辞めたいなあとか思っている。バイト辞めたいなあ、でもお金がないと生きていけないなあ、ということは、精を出して続けることのできている演劇の活動、努力クラブの活動でお金儲けすることができたらいいのになあ、と思うことになる。役者していけたらいいなあ、と。恥ずかしい。夢を追いかけている人のセリフを吐いてしまった。役者していけたらいいなあ、だと。赤面につぐ赤面ポルカです。でもそう思ってしまっているのだから仕方がない、逃げも隠れもしないぞ。恥ずかしがりながらこそこそと言うぞ。言っていくぞ。でも、その夢を思うのと同時に浮かんでくるのは、役者業を金儲けできる仕事にするのはとにかくしんどそうだなあ、今のこのバイトと演劇をどっちもやっている状況のほうがぜんぜん楽なんだろうなあ、ということ。でも、とにかく目標としては、30代になったときにバイト生活をやめられるように、20代のうちはその土台をしっかり作る。システムを開発する。そのためにもう5年はバイト辞めるのは諦める。という計画をそれとなく心の中で刻んでいる。仕方ない。時間をかけて土台をつくる。それでも、まわりのいろんな方々を見ていると、僕が30歳になったときにその目標を達成しているためには、めちゃくちゃ頭よくなって、その上でしっかり頭使って考えて、大変な努力を重ねないと難しそう。30歳でバイトを辞めて食っていけたら奇跡みたいなもんだと思う。でもそれを目指してみようかと心の中で思っています。まあただ努力クラブを観に来ていただけたらいいなあと思っております。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[10/02 そねみ]
[09/22 つ]
[09/16 サクドウ]
最新TB
プロフィール
HN:
努力クラブ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]