忍者ブログ
それについて書くことがあれば努力クラブについて書くブログです。 しかし、書くことがなければ気分によってのそれなりの記事を書くことになると思います。 よろしくお願いします。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



日付変わりまして昨日は、劇場入り前の最後の通し稽古でした。
魔王城、手応えを感じる出来になってきました。
もう1日だけ調整の稽古をしてからアトリエ劇研に入ります。
初日が楽しみ。





大石英史くんを紹介しましょう。
大石くんは、努力クラブの前回の本公演『深い緑がねじれる』で初めて出てもらって、今回で2回めの出演です。
前回公演のときに、僕と好きな音楽がわりと似ていることが分かったので、『魔王城』の稽古場でお互いCDの貸し合いっこをしました。
そんなことをするのは高校生のとき以来だったので、高校生のときに感じていた「CD貸してくれたのは嬉しいけど、これがぜんぜん良くなかったらあの人のこと嫌いになっちゃうなあ」みたいな緊張感を思い出しました。
しかし大石くんの貸してくれるCDが全くのハズレ無しだったことを受けて、僕は大石くんのセンスは全面的に信用するようになりました。
今のところ僕にとっては大石くんがオススメしてくれるものは百発百中です。
公演が終わったら、大石くんのオススメの映画とか本とかを根掘り葉掘り聞き出してみようと思っています。
楽しみだなあ。


大石くんとは、3年前の夏、奈良の山奥で出会いました。(こう書くとすっごくいい出会い方だなあ)
当時僕は「1週間奈良の山奥にこもって芝居を作りましょう」という企画に参加していて、大石くんも同じ企画に参加していたのでした。
奈良の山奥では、参加者みんなが大石くんの演技のマジで一挙手一投足に爆笑しながら見ていた記憶があります。
この世には「あの人だけにしか出せないあの感じ」みたいなものが存在するじゃないですか。
この世の1人1人それぞれだけが所有している歴史とか思想とか肉体とか、みたいなものが存在するじゃないですか。
存在しているはずじゃないですか。
これ以降「この世の1人1人それぞれだけが所有している歴史とか思想とか肉体とか」=「この世の1人1人それぞれだけが所有しているあの感じ」を「個人所有物」と略しましょう。
大石くんの場合、その「個人所有物」の総量が、この世の人たちの平均値をはるかに上回っているように思います。
この世の人たちの平均値より濃ゆい歴史とか思想とか肉体を保持して今まで生きてきたのではないか、と僕には思われます。
おそらく、一般的にはそういった濃ゆい所有物は、生きていく中で少なからず薄れていくものだと思うのですが、大石くんの「個人所有物」は濃ゆいまま保たれています。
そして、その濃ゆい「個人所有物」が結実して「大石くんにしか出せないあの感じ」を手に入れ、役者として舞台に立つときに、そのエネルギーを自在に放出させる術を心得ているのではないかと思います。
つまり面白いんです。かつテクニカルです。えらいこっちゃです。


大石くんだけが持つ濃ゆい歴史とか思想とか肉体とかを見に、魔王城へお越しくださいませ!
PR


むむむむむむむ、ちょっと間が空いてしまった。
まずいなこりゃ。でも、京都公演前の最後のバイトが今日で終わったので、ばしばし書いていきたいなあと思います。


キタノ万里さんを紹介します。



今日、稽古中にキタノさんに「そういえば昨日大阪でキタノさん見たよ」と言ったら、「あ、私も『佐々木さんだ』と気づいたんでこっそり通り過ぎました」みたいなことを言っておられて、素敵だな、と思いました。
ちょうど1年くらい前に、阪急の西院駅で電車を降りたときに、同じ電車からキタノさんが降りるのを見かけて、僕も「あ、キタノさんだ」と思いながら、声をかけることなく後ろを着いていってこっそり改札を出たことがあります。
そんな感じです。
キタノさんは努力クラブの旗揚げ公演からずっと出てもらっていて、本公演には全部出ておられる唯一の女優さんなのですが、僕は未だに初対面のときの距離感を保っているような気がします。
そして、その距離感がとても心地いい気がします。
僕の個人的な問題なのですが、僕がある人に一定以上心を許し、そのある人も僕に一定以上心を許してくれるくらいに仲良くなったときに、僕はよく「この距離感、心地悪いわ―」と思ってしまう癖があるのです。
相手の方は何も悪くないのに、そう思った瞬間に急に僕から一方的に距離をとってしまい、それ以降、微妙な関係をキープするに到る、という。
最低な癖ですね。ほんとどうにかしたほうがいいと思います・・・。
でも、キタノさんとはそのような罠に陷ることはありません。
距離感が変わらないからです。
これからもこのままの距離でありたいとも思うし、もっと近づきたいなあとも思います。


突然で申し訳ないのですが、わたくし、キタノさんのことで大変感動したことが1回ありまして。
たぶん、努力クラブ5『旅行者感覚の欠落』の打ち上げか何かのときだと思うのですが、みんなで二次会でカラオケに行ったことがありました。
そのときキタノさんはたいそう酔っ払っておられて、普段はあまり喋られないキタノさんが、華原朋美の"アイム・プラウド”を歌われたときがありました。
選曲にもびっくりしたし、歌唱は心に響く素晴らしいもので、キタノさんの骨の髄を見たような気がしたのでした。
「わあ、壮絶だなあ」と思いながら聴き入っていたことを、この文章を書きながら思い出しました。
もう1回聴きたいなあ。



笹井佐保さんの紹介をします。

まず、笹井さんの存在を知って衝撃を受けたのは、その名前でした。
僕は生まれたときから「ささきしゅんいち」で、自分の名前のさ行の占める率をそれなりに自覚して、「僕は他の人よりさ行側の人間だ」という自負を抱いて生きてきました。
しかし去年笹井佐保さんの存在を知って、「生まれて初めて出会う自分以上のさ行側の人間」として笹井さんを意識せずにはおられませんでした。
僕こと「ささきしゅんいち」は8文字のうち3文字がさ行であるのに対して、「ささいさほ」さんは5文字のうち3文字がさ行です。
笹井さんはさ行率が60%なのです。
僕のさ行率も計算してみたところ、37.5%でした。
さらに僕は3文字のうち1つが「し」であるのに対し、笹井さんは3文字とも「さ」です。
完敗でした。
僕は笹井さんとの歴然たる差をしっかりと受け止めて、これからはおごらずに生きていこうと思うのでした。

そのようにさ行の申し子として生まれ育った笹井佐保さんは、今は京都大学で哲学の勉強をしておられます。
さらに座組最年少なのにとても面倒見がよく、稽古終わりにご飯を食べに行ったときにみんなの私物が置いてある席で1人で荷物の番をしてくれていたり、みんなで登山をしたときに運動不足の制作の築地さんが遅れを取ったときに笹井さん1人がいっしょに付き添って登ってあげたりしてくれている笹井さんです。
本来そのような役割は劇団員たる僕がやるべきなのですが、気が回らずだいたいのことをやっていただいている始末です。
立派な劇団員になりたいものです。

という感じで、僕は笹井には人間性においても、誇りだった名前のさ行率でも完敗を喫し、完全に頭が上がりません。
名前は変えることはできないのですが、人間性についてはこれからでもまだ遅くはない、笹井さんを見習って立派な劇団員になって、『魔王城』をクソほどの大傑作にしようと思います。
汚い言葉を使ってしまいましたが、ご来場お待ちしております。

カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新CM
[10/02 そねみ]
[09/22 つ]
[09/16 サクドウ]
最新TB
プロフィール
HN:
努力クラブ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]